NANBU TEKKI 南部鉄器 新古品・中古品


産地
岩手県 奥州市、盛岡市

歴史
岩手県を代表する特産品として人気のある南部鉄器は、江戸時代南部藩のもとで、茶の湯釜、鉄びんを中心に盛岡で発達したものと、伊達藩領であった旧水沢市に早くから根づいた日用品鋳物を中心として発達し、この二つの産地から形成されております。 このような関係から、昭和34年、南部鉄器協同組合(昭和24年設立)と水沢鋳物工業協同組合(昭和29年設立)が全県的な組織のもとに、共同の利益の保護増進並びに業界の振興発展を図ることを目的に連合会が設立されたのです。 現在でも昔ながらの伝統的技術・技法を受け継いで、伝統工芸品としては茶の湯釜や鉄びんなどを一つ一つ手づくりで作っております。また南部鉄器は昭和50年、国の伝統的工芸品として第一次で指定されております。

特徴
世界文化遺産登録でもあります平泉の地で、繁栄した藤原氏を支えた、歴史上にもおける重要な技術となります。 伊達藩の水沢では古くから日用品鋳物の生産が盛んです。今日でも焼型、乾燥型の鋳型作り、紋様押し、肌打ち、漆仕上げ等の伝統的技法により生産されております。 「重厚感があり、質実剛健・丈夫で長持ちする日用品」これが南部鉄器のイメージですが、描かれた様々な絵柄紋様は作り人の心の機微や温もりが肌で感じさせてくれます。鉄分補給にも効果があり、またリサイクルが出来ることも昨今注目されています。

最近の取り組み、課題など  
昔ながらの伝統技法を守りながらの茶の湯釜・鉄瓶製作に加え、現代の生活様式にも幅広く受け入れられるようなデザインの新商品開発や、海外向けの製品の認知も広がっております、更なる開発・海外見本市への出展などにも取り組んでいます。

↑PAGE TOP